ズバリ!年収公開 - 好年収薬剤師 OR 高年収薬剤師

あなたの年収
他の薬剤師と比べたことありますか?

えー、こんなにもエリア差が!あなたの勤務地は大丈夫!?
年齢に見合った年収、あなたはゲットできてる!?
ーここからトークスタート!!ー
転職を考える上で外せない、大きなテーマ「年収」。
高年収薬剤師になる方法とは?
それとも、お金だけじゃない好年収という考え方もある?
転職経験者の薬剤師とぶっちゃけトークしちゃいます!!
好年収
薬剤師
自分に合った条件で程よく働く
Bさん(32)
都内の面対応の調剤薬局のキャリアを経て
派遣薬剤師として転職
高年収
薬剤師
平均より高い年収で働く
Aさん(36)
茨城県のドラッグストア〜調剤薬局を経て
今は徒歩5分の調剤薬局へ転職
  • ズバリ!年収公開
  • 高年収はロマンだ!
  • 好年収こそ至高
  • オススメ求人情報

あなたの年収は
ホントに適正?

エリアごとの年収格差

とも子
今回のテーマは、ちょっと気になる「薬剤師のお金」の話です!!
平均より高いお給料をもらっている高年収薬剤師さん、自分にあった条件で程よく働く好年収薬剤師さんに集まってもらい、お金の話をしてみたいと思います。よろしくお願いします!
高年収:Aさん
はい、高年収って言われるのは、なんだか恥ずかしいですね。
最初の薬剤師のエリアと年齢の平均年収、とても興味深いですね。
これ見たら、私も高年収なのかも、って思えました!
好年収:Bさん
ええー、Aさん羨ましいです⋯私は正社員から派遣で転職して、ライフスタイルがだいぶ変わりました。そんな話ができればと思っています!
とも子
ありがとうございます!高年収のAさんの反応が気になる⋯のちほど、お二人の給与明細を大公開してもらいます!今回はぶっちゃけトークでいくわよ〜!まず最初は、上に出てきた一般的な薬剤師のお給料事情のお話。エリア・年齢ごとの給与の違いってこんなにあるのね。
高年収:Aさん
私、茨城県の薬局に勤めているんです。エリア別の年収ランキングが全国ワースト5なんですよね。ただ、茨城も広くてエリアによって全然お給料違います。なので、知り合いの薬剤師にも「同じ県内なのに、なんでこんなに違うの?」と文句言われますよ(笑)
好年収:Bさん
私はずっと東京なんです。だから他の県ってこんなに差が出るのか〜って率直な驚きでした。どういう傾向があるんですか?
とも子
調べてみると、お給料が高いエリアはより薬剤師不足なのがポイントみたい。薬学部や薬科大学がないと人材不足になる傾向にあるとか。あとは、男性薬剤師・製薬メーカー勤務・小規模薬局が多い・薬剤師の平均年齢が高い・そのエリアはデータ上、比較的高年収になりやすいみたいね。
高年収:Aさん
なるほど!勉強になります。転職支援会社の人から前に聞いたんですが、私のエリアは破格の条件のドラッグストアが展開している地域みたいです。勢いがあって店舗拡大を狙っている会社も高年収がでる狙い目なのかもしれないですね。
好年収:Bさん
そうか、全国的に薬剤師不足みたいに聞くけれど、より薬剤師が必要とされている場所へ行けば、もっと価値が出るかもしれないんですね。考えたこともなかったから面白い!

年齢で年収って左右される?

とも子
年齢ごとのお給料はどうですか?女性薬剤師と男性薬剤師は30~40代で差が出るけど、それ以外は同じくらいに落ち着いているわね。
好年収:Bさん
うーん、私は派遣社員というちょっと変わった勤務体系なんですが、それを踏まえても平均的って感じです。30代のバリバリ稼ぐ女性の薬剤師さんに比べると全然ですね。男性薬剤師は30~40代は役職がついていく時期なんですかね。
高年収:Aさん
私は20代のときで、年収550万円くらいはもらっていましたね。忙しいドラッグストアだったので、若者が多かったから、年齢によってお給料が変わるという意識はそんなになかったです。店舗の条件で、結果を出せば誰でもお給料UPできるというか。
とも子
20代で550万円だと、平均より100万円以上高いわ!私は調剤薬局でしか働いたことないけど、やっぱりドラッグストアってお給料いいのね。
高年収:Aさん
当初は薬剤師以外の人と働いてみたいと言う思いがあり、ドラッグストアからスタートして、そのあと、調剤薬局3店舗を巡りました。振り返ると転職たくさんしていますね(笑)ドラッグストアを最初に経験できたのは、自分のキャリアにとって非常に良かったですね。お客様の対応や、物流の流れ、新店舗立ち上げなども経験できました。そういったことも、自らが積極的に手をあげて取り組んで、がむしゃらに働いていましたね。
好年収:Bさん
すごい積極的!ただ、やっぱりお給料もらえる分、結構大変そう⋯
高年収:Aさん
やっぱり大変でしたね。店舗としては、土日祝日も処方箋を受け付けたいし、第1類医薬品も売りたいので、薬剤師は土日祝も出勤してほしいと言う要望が多かったり。とにかく長いこと働いていました。それと引き換えに残業はかなり多かったので、お給料もそれなりにいただいていましたね。ただ30代になる時、このペースで働くのが難しいなと感じたのと、もっと薬剤師らしい仕事がしてみたいと思い、調剤薬局へ転職しました。
好年収:Bさん
忙しすぎるとワークワイフバランスがとれないものね。でも調剤薬局へ転職したら、年収って下がっちゃうんじゃないですか!?
高年収:Aさん
私もそう思ったんですけど、調剤薬局に転職してもっとお給料アップしたんですよ。今日はそのコツをお話しできればと思います!
とも子
ええー!そうなの!?高年収薬剤師Aさんの転職のコツ、気になる!
  • ズバリ!年収公開
  • 高年収はロマンだ!
  • 好年収こそ至高
  • オススメ求人情報
好年収薬剤師 OR 高年収薬剤師

ママ薬の転職サポートに登録すると…

登録後メリット1

オーダーメイドでらくちん転職!

ママ薬は完全非公開求人サイト。
理由は…あなたに本当に合った働き方をオーダーメイドで提案するからです。
今大切にしたいと思っていること、将来実現したい夢を全部教えて下さい。毎日忙しいあなたに代わって、最適な就業先や働き方を見つけます。

登録後メリット2

薬剤師を知り尽くしたサポート!

ママの要望を知り尽くしているママ薬は、ママ薬剤師が働きやすい求人情報、紹介企業がたくさんあります。「ブランク有りでも復帰しやすい!」「子供都合の急な休みにも理解のある薬局がいい!」「子供がいても正社員で働ける就業先を紹介して欲しい!」など、それぞれの希望や環境にあわせたお仕事をご用意しています。

登録後メリット3

就業条件の交渉はおまかせ!

自分では難しい条件交渉もおまかせ下さい。勤務日数や時間、給与やお休みの希望など、自分一人だと「希望どまり」。
ママ薬のコンサルタントは、きちんと就業先と「条件交渉」します。
ママ薬剤師の希望により近づけることができ、より働きやすくなるよう、調整します。

ちょっと登録するちょっと登録する